AD1/CS シリーズ

THERMOLAST® K

AD1/CSシリーズは、理想的な歪み特性と、ABSやPC、PC/ABSのような極性基を持つ熱可塑性プラスチックに対する優れた接着性を必要とするアプリケーションのための、あなたの材料ソリューションです。このコンパウンドは黒およびナチュラル色で提供されます。ナチュラル色は多様な方法による着色が可能です。

加工方法: 射出成形, 押出し成形
カラー / RAL DESIGN: ナチュラル, 黑色

代表的な用途

  • 衛生分野のシール、機能、設計要素
  • 機能および設計要素
  • ケーブルホルダー
  • バンパー
  • 電子ハウジング用減衰器
  • コネクタ
  • グロメット
  • ハウジングのシール
  • 電気・電子部品
  • フレキシブルコネクション
  • ソフトタッチの表面 (つまみ、ボタン、スィッチ)

 

材料の長所

  • PC、ABS、PC/ABS、ASA、SANへの接着性
  • PBTへの接着性
  • 優れた 圧縮歪み
  • 優れた機械的性質
  • 復元性

 

規制/承認 *

  • VW 50123
  • BMW GS 93042
  • ダイムラー DBL 5562
  • PSA B62 0300
  • UL 94 HB

 

PDF file - 1MBDeutsch
PDF file - 1MBEnglish
PDF file - 1MBEspañol
PDF file - 1MBFrançais
PDF file - 1MBItaliano
PDF file - 1MB日本語
PDF file - 1MB한국어
PDF file - 1MBPolski
PDF file - 1MB中文
X

SHARE FILE

送信
コンパウンド名
カラー / RAL DESIGN
硬度
DIN ISO 48-4
Shore A
密度
DIN EN ISO 1183-1
g/cm3
引張強度 1
DIN 53504/ISO 37
MPa
引張破断伸び 1
DIN 53504/ISO 37
%
引裂き強度
ISO 34-1 Methode B (b) (Graves)
N/mm
CS 72 h/23 °C
DIN ISO 815-1 Method A
%
CS 24 h/70 °C
DIN ISO 815-1 Method A
%
CS 24 h/100 °C
DIN ISO 815-1 Method A
%
接着性 ABS 2
VDI 2019 二成分の共射出成形
N/mm
接着性 PC 2
VDI 2019 二成分の共射出成形
N/mm
接着性 PC/ABS 2
VDI 2019 二成分の共射出成形
N/mm
TP5VCN ナチュラル 47 1.100 3.5 500 11.0 14 43 65 3.0 (B) 3.5 (B/D) 3.5 (B/D)
TP5VCZ 黑色 50 1.100 3.5 500 11.0 14 43 65 3.0 (B) 2.0 (B) 3.5 (B)
TP6VCN ナチュラル 60 1.100 5.5 550 14.0 19 45 60 5.0 (D) 5.5 (D) 6.0 (D)
TP6VCZ 黑色 60 1.100 5.5 550 15.0 19 45 64 5.0 (D) 5.0 (D) 6.0 (D)
TP7VCN ナチュラル 66 1.100 7.0 550 16.0 20 44 61 6.0 (D) 6.5 (D) 6.5 (D)
TP7VCZ 黑色 68 1.100 7.5 600 16.0 20 45 60 6.0 (D) 7.0 (D) 7.0 (D)
TP8VCN ナチュラル 75 1.100 10.0 600 24.5 20 47 60 5.5 (A) 9.5 (D) 9.5 (D)
TP8VCZ 黑色 80 1.100 10.0 600 24.0 20 47 60 6.0 (B) 10.0 (D) 9.5 (D)
1ISO 37 標準試験片 S2 からの逸脱は、200 mm/分の横断速度で試験されます。
2接着性は、金型形状や製品形状や成形条件による。
このデータシートで公表しているすべての値は、四捨五入された平均値です。
保管条件に従って保管を行って頂いた場合、製品の保管期限はデリバリー後12か月です。室温(15-30℃)で乾燥した条件で保管し、熱源や直射日光を避けてください。保管中の窒素酸化物との接触は絶対に避けてください。
詳細および個々のソリューションについては、当社のカスタマーサービスにお問い合わせください。
* コンパウンドが準拠している基準および認証はここに表示されます。以下にご注意ください:シリーズ中のすべてのコンパウンドに関する基準および認証は、それぞれの製品シリーズの概要のなかで総称して表示されています。即ち、概要に示されるあらゆる基準および認証が、個別のコンパウンドにすべて該当するとは限りません。